下蒜山(しもひるぜん)
 
2人 2020.08.29 
犬挟峠(9:05/13)→三合目(9:42)→五合目(9:55)→雲居平(10:06)→七合目(10:16)→九合目(10:45/52)→下蒜山(11:07/16)→雲居平(11:59)→五合目(12:06)→三合目(12:19)→起点(12:45)

軌跡図
  所要時間:3時間31分、歩行距離:約5㎞

アルバム
このところ腰痛甚だしく、朝起きるときに「よっこらしょ」というありさま。なので、なかなか沢に足が向かない。草花観賞ぐらいならと、カミさんと蒜山まで日帰り山行。犬挟峠に車を置いて、下蒜山へ。犬挟峠は8年ぶり、駐車場の向かいに、りっぱな真庭北部火葬場ができているのには驚いた。登山口駐車場には先行者の車が7台、空きスペースはあと2台というところか。火葬場のトイレが登山者に開放されている。登山道は、休憩東屋の横(南側)からはじまる。10分で尾根道になり、五合目で樹林帯を抜ける。ササの原が開け、一本の道が下蒜山の頂稜へ続いている。なんとも美しい。10分ほどで雲居平(くもいだいら)に着く。呼名どおりの平坦な肩で、休憩展望所になっている。東面180度に倉吉平野、津黒山(つぐろせん)、富栄山(ふえいざん)などが見渡せる。

犬挟峠の下蒜山登山口(9:14)

三合目(9:42)

五合目(9:55)

雲居平(10:06)

仏ヶ仙、津黒山など 雲居平より(10:06)
入道山、富栄山など 雲居平より(10:06)
32度を超す炎天下の上りが続く。9合目でもはや汗だくなのに、さらにもうひと上り。登山口から1時間52分を要し、下蒜山の山頂に立つ。8年前の10月19日は、1時間30分だった。カミさん、この差は歳よりも気温のせいだと言う。確かに日陰も風もない稜線の登りは、くそ暑い。

七合目(10:16)

九合目(10:45)

下蒜山東頂稜 九合目より(10:48)

下蒜山山頂(11:07)
山頂からの見晴しはよく、西に蒜山二座と大山山系が一望できる。一息入れていると、山ガール(女子高生?)4名が引率の好青年(たぶん先生)と上ってこられた。暑さも何のその、みんな溌剌としている。これから中蒜山に向かうという。我われも同行して、元気を分けてもらいたいところだが、とてもそんなゆとりはない。あきらめて、来た道を下る。

中蒜山、上蒜山 下蒜山山頂より(11:11)

大山、甲ヶ山など 下蒜山山頂より(11:15)

下蒜山山頂(11:15)

七合目の東120mあたり(11:55)
出会った草花 

ハンカイソウ(キク科)

フシグロセンノウ(ナデシコ科)

イブキトラノオ(タデ科)

ワレモコウ(バラ科)

ツリガネニンジン(キキョウ科)

ヤマジノホトトギス(ユリ科)

オトギリソウ(オトギリソウ科)

シモツケソウ(バラ科)

カワラナデシコ(ナデシコ科)