恐羅漢山(おそらかんざん)
 8人 2012.06.02
牛小屋高原Ⓟ(9:58/10:05)→展望岩(10:27/38)→稜線分岐(11:05)→恐羅漢山(11:13/12:26)→ヤハチのキビレ(13:02)→夏焼峠(13:15)→コウハチゴヤ(13:36)→出発点(13:43)
 
道の駅「来夢」で落ち合い、恐羅漢公園線を牛小屋高原に向かう。センターハウスの前は、カフェテラスに変身して車が入れないので、南側の駐車場に駐める。みんなニカニカ顔で記念写真に納まり、立山ゲレンデに取り付く。立山平コースあたりまでは賑やかだったものの、立山尾根コース入り、第2リフト終点を過ぎるころにはみんな無言。急坂をジッグザッグに登って、展望岩で一息入れる。Fさん、「5分登って10分休憩」を盛んに申し入れるので、この際、稜線まであと一息のところで、またまた大休み。何だかんだ言いながら、実に愉しい山登りである。70分あまりで山頂に達し、早速、グルメ鍋の仕込みに掛かる。間なしにツアー登山の一行が後続されて、山頂はたちまち満員御礼になる。今回のグルメ鍋はスンドゥブチゲ(豆腐チゲ)。ノルマ3杯を美味しくいただく。周りの人たちが、恨めしそうに盗み見ることしきりである。どんなもんだい!満ち足りてブナ森を北に下れば、径のへりで山野草に出会い、林間に野鳥(ウグイス、キビタキ、ミソサザイ、ホトトギス、ツツドリなど)の囀りを聴く。ときおりパラパラと雨音がするが本降りには至らず、みんな元気で牛小屋に還る。締めは、牛小屋ヒュッテの前で、遅めのデザート(スイカ)である。

アルバム

立山ゲレンデの急登(10:30)

展望岩で大休み(10:32)
   

稜線まであと一息のところで、また大休み(10:54)

恐羅漢山登頂の記念写真(11:13)
   

  グルメ鍋の準備 恐羅漢山頂(11:18)

満員御礼の恐羅漢山頂(11:18)
 

今回のグルメ鍋はスンドゥブチゲ(豆腐チゲ)(11:45)

下山開始前の一枚(12:26
   

恐羅漢山北尾根を下る(12:42)

 夏焼峠
(なつやけのきびれ)(13:15)
 

折れた木橋 コウハチゴヤの谷(13:24)

遅めのデザート
 広島山岳会の牛小屋ヒュッテ前(13:54)
   



軌跡図 
                                                   所要時間: 3時間48分、歩行距離:5.26㎞