黒ダキ山(くろだきやま)十方山(じっぽうざん)
 単独 2011.04.10 
瀬戸滝入口Ⓟ(7:25)→小松原橋(7:35)→914m峰(9:32)→黒ダキ山稜線(9:59)→ゴロシのタキ(10:03)→黒ダキ山(10:18)→仏石(10:34)→1142m峰(11:02)→林道峠(11:09)→バーのキビレ(11:43)→登山道合流(12:34)→十方山(12:45/13:06)→五合目(14:07)→カラ谷小滝(14:30)→瀬戸滝入口Ⓟ(14:53)
 
3月5日のリベンジ山行。瀬戸滝入口に車を駐めて、小松原橋北詰から取り付く。ナガ谷左岸尾根に雪はないが、黒ダキ山稜線まで2時間半近くを要す。ゴロシのタキから眺める十方南西尾根はまだ白く、ヤブ漕ぎなしに歩けることを願うばかりだ。十方稜線に上がっても雪がないので少々不安になるが、だんだん斑となり、雪原の1142m峰に至ってホッとする。下山林道の峠には、北側だけ雪が残っている。毎度のことながら、峠から五里山塊を眺めやって、十方山南西尾根に上り返す。小川のように細々と残る雪をなぞりながらの、ブナ尾根歩きもまた愉しい。途中、ブナの巨木に爪痕や熊棚を多く見かける。昨シーズンは堅果類は豊作だったようだ。下山林道の峠から1時間15分で瀬戸滝ルート登山道に出た。この際、山頂までもう一汗かいて遅い昼食にする。誰もいない美晴の山頂に立ち、西中国山地の山々を見晴るかす。うーん、これ以上の幸せはない。満ち足りて登山道を起点に還る。
アルバム

瀬戸滝入口(7:26)

十方山 ゴロシのタキより(10:03)
   

仏石(10:34)

1142m峰山頂(11:02)
   

京ツカ山 下山林道峠より(11:11)

熊棚
 下山林道峠の北東450m辺り(11:29)
 

バーのキビレ(11:43)

十方山南西陵・登山道(12:34)
   

十方山山頂(12:45)

瀬戸滝ルート五合目(14:07)
 

里山塊 十方山南西陵より(13:16)
   



軌跡図 
                                                   所要時間:7時間28分、歩行距離:13.6㎞